必ず知っておきたい爪のしくみと構造

・ネイルスクールで覚えたい爪の基本

ネイリスト人口が年々増加している昨今。 世代を問わず、指先のオシャレに注目が集まっていることがよく分かります。
だからこそ、プロのネイリストになるためにはスクール通いが必須。

とはいえ、どこのネイルスクールを選んだら良いのか、迷ってしまいますよね。
そんな時には基礎からしっかり学べる日本ネイリスト協会認定校を選びましょう。
認定校なら技術だけでなく、爪の構造やしくみなど、爪の健康についてもしっかり学べますよ。
爪のプロフェッショナルになるための授業はどれも参考になるものばかり。
ネイルスクールで、ネイリストへの夢を叶えちゃいましょう。

画像出典元:http://xn--eck8a2d0fl0b7802fvlra.com/

・爪のしくみや構造は何よりも大切!

ネイルスクールでは、爪のしくみや構造について、最初に学ぶケースがほとんど。
ネイリストとしてお金を戴くためにも、必ず知っておきたい基本です。
ただ技術を磨くだけなら練習あるのみですが、それではトラブルへの対処ができません。

一例ですが、どこのネイルサロンでも行っているキューティクルの処理。
この方法を一歩間違うと、爪の健康を大きく害してしまうことがあります。
そうなってしまえば、大切なお客の爪へダメージを与えるだけでなく、ネイリストとして信用を無くしてしまうでしょう。
もちろん、勤めているサロンの経営にも影響を及ぼしてしまいます。
優れたネイリストとは、爪のすべてを知っているプロのこと。
ネイリストを目指すなら、ネイルスクールで早く技術を学びたくなるもの。
ですが、まずは焦らず、爪についての知識を高めていきたいですね。

ネイルに関するQ&A

ネイルスクールではどんな事を学べるの?
基礎から検定試験の対策まで学べる内容を幅広くカバーしています。

まず初めに基本の爪の構造、美しい爪を保つためのこと、皮膚のことなどを学びます。
基本や知識を学んだうえで、スカルプチュア、チップ&オーベーレイ、ジェルネイルなどの技術を学びます。
そして、検定試験のための講座などをしてくれるスクールも多くあります。

不器用でもネイリストになれる?
なれます。

ネイリストはデザイン性なども重要な部分です。

技術やデザイン性を身に付けることで有利になるでしょう。
不器用でも、練習をしていくうちに上手くなっていくものです。

ネイルスクールの費用はどのくらい?
正社員の初任給はおよそ18万円ほどです。

スキルや成績、取得資格等で昇給していきます。

そして、お客様をどれだけ取れたかで、基本給に歩合給が上乗せされます。
わかりやすく年代別平均月収で比べてみますと、
20代→18~20万円
30代→23~25万円
40代→25~27万円
となっております。

・簡単ディズニーネイルにチャレンジ

 



 
Pick up
大手セレクトショップが認めた、唯一のジェルネイル!最高品質【グランジェ】
運営会社 モンテ株式会社
取扱店 ユナイテッドアローズ/エストネーション/リステア/1LDK/イセタンミラー他
公式サイト グランジェ公式サイト
グランジェとは? 世界で活躍するトップネイリストによる監修!
ティファニーなどの海外メゾンブランドや、モード誌の撮影にも使用されている
危険な有機溶剤を使用しない、品質と安全性の高いジェルです。
ファッション性の高いカラーラインナップ、場所を取らず、手順がシンプルで仕上がりが早い為
サロンに行く時間がない主婦やOLさんに大人気のブランドです。